丸わかり『コットン100%肌布団』を手放せなくなる訳とは?

 

今年は梅雨入りも例年より早く、ジメジメ・蒸し蒸しとした季節がやってきました。

そして、梅雨が終われば今年も『猛暑』がやってくるのでしょうか?

-暑いのイヤですよね~

当店では、そんな『猛暑』の季節を先取り

 

『コットン100%肌布団』の製作を今年も始めました。

 

冷房を入れると「タオルケットでは冷えるし、ダウンケットは軽すぎるわ!」という体質の方がコットン100%肌布団』を手放せなくなる訳を知りたいと思いませんか?

以下にご説明させていただきますので、ご興味がございましたら最後までご一読くださいませ。

納得!コットンは通気性抜群の素材です

とっても柔らかなメキシコ綿

当店の肌布団に使用していますコットンは、中わたに繊維が長くしなやかなメキシコ綿という品種を使用しています。吸湿性通気性に優れていますので、寝汗をしっかり吸収してくれて蒸れないのが特徴です。

また、側生地も市販品でよく見かけるようなポリエステル素材は使用せず綿100%を使用しています。天然素材なので安心してご利用いただけます。

 

一枚一枚、コットンシートを丁寧に重ねています

手のひらが透けるほど薄いコットン

手作業で重ね合わせます

綿布団はコットンシートを重ね合わせてお作りしています。肌布団に使用していますコットンシートは、通常より分の程度の薄さにしていますので薄いタイプの肌布団に仕上がっています。繊維の向きを縦方向・横方向と交互に重ね合わせることで薄くても強度があり適度な保温性にすぐれた肌布団に仕上がっています。

【厚さ】
①超うすタイプ・・・コットンシート2層タイプ
②うすうすタイプ・・・コットンシート3層タイプ

【サイズ】
①150×200cm
②143×190cm

をご用意していますので体質や寝室の環境に合わせてお選びいただけます。

実は、羽毛布団と同じくらいの軽さなんですよ

仕上がりが薄いコットン肌布団

コットンのお布団は重いのでは?と思われているかもしれません。インターネットなどで検索するとそんなイメージが先行しがちです。

でも、当店でお作りしています肌布団の場合、
シングルサイズで(中わた)1.2kg~1.6㎏です。

羽毛布団と同程度の軽さ

一般的な羽毛冬用掛け布団が(羽毛)1.2kg~1.4kg程度ですので比較すると変わりがないことがお分かりいただけると思います。

羽毛布団で就寝できる方であれば十分お使いいただける軽さです。

残念ながらクリーニングはできません

残念ながら、コットンの肌ふとんは基本的にクリーニングはおすすめしていません。側生地が破れたりコットンシートが縮んだり片寄ったりする可能性があるからです。天日干しやふとん乾燥機で丁寧にお手入れすることで十分お使いいただけます。

その代わりに、布団カバーをこまめにクリーニングしていただき衛生的にご利用ください。

しなやかなサテン地は天然アロエ『抗菌・防ダニ』加工です

天然アロエ抗菌・防ダニ加工

最後に、肌布団に使用しています側生地についてご説明いたします。

まず、表地は綿100%のサテン地で天然アロエ抗菌・防ダニ加工を施したshikiboの『アロエージュ』を使用しています。とてもしなやかで、お肌にも優しいので肌布団にぴったりです。

裏地には肌に接する部分なので通気性が良く体温のヌケに優れています綿100%『高級コーマブロード』地を使用。ふとんの中がムレないのが特徴です。

表地・裏地共に綿100%でお作りしていますので、化学繊維がニガテな方も安心してご利用いただけます。

そして、ちょっとおしゃれなデザインの側生地を使っていますので、幅広い年代の方に喜ばれています。

『コットン100%肌布団』をぜひ、お試しくださいませ

『コットン100%肌布団』を手放せなくなる訳をお分かりいただけましたでしょうか?

近年の『猛暑』は本当に生活習慣が乱れがちになってしまいます。また、就寝時も暑くて夜中に何回も起きてしまい寝不足になりがちです。

いろいろな、住宅環境・生活習慣・お仕事のスタイルがありますが睡眠環境に優れたお布団をぜひ選んでください。

市販されていますダウンケット・ポリエステル肌掛け・タオルケットで

 

『イマイチ眠れないわ!』

 

とお感じになられましたら、ぜひ当店の『コットン100%肌布団』をお試しくださいませ。

 

>『コットン100%肌布団』 ⇒ 商品カタログはこちら

 

 

 

 

 

 

Follow me!